プエラリアを飲む時の注意点 プエラリアを使用する時の注意点は?

プエラリアを使用してバストアップに成功したという報告は多いですが、使い方を誤って体調を悪化させてしまったケースもあるのです。 プエラリアを使用する時の注意点をまとめてみました。

過剰摂取しない

プエラリアは女性ホルモンのうち、卵胞ホルモンに似た働きを持っています。

摂取しすぎると卵胞ホルモン過剰と似たような状態になり、吐き気や頭痛、生理不順、肌の調子の悪化といった不具合が出てしまうことがあります。 子宮筋腫や乳癌のリスクが高まる可能性もあります。

ピルとの併用は厳禁

ピルは卵胞ホルモンの分泌量を増やす薬なので、プエラリアと併用すると卵胞ホルモンが過剰になり、体調が悪化してしまう可能性があります。 このため、プエラリアサプリメントの説明書には、ピルとの併用は厳禁と書かれています。

摂取は低温期に

黄体ホルモンの働きが盛んな高温期に摂取すると、本来は弱くなっているはずの卵胞ホルモンの働きを強め、ホルモンバランスを崩す原因となってしまいます。 プエラリアは卵胞ホルモンの働きが強い低温期に摂取することで、効果を発揮するものです。

高温期にはワイルドヤムやチェストベリーなど、黄体ホルモンの働きを強めるバストアップサプリがおすすめです。

未成年はダメ

未成年は卵巣が成熟しきっていないため、ホルモンの分泌が不安定です。 プエラリアを摂取することで、ホルモンバランスが崩れてしまいやすくなっています。

また、プエラリアの摂取によって体内で卵胞ホルモンを作る力が弱くなり、卵巣の機能が十分に成長しない可能性もあります。

婦人科系疾患がある人は使用しない

卵胞ホルモンには、子宮筋腫や乳癌を悪化させてしまうリスクがあるとされています。 プエラリアによって卵胞ホルモンを強めることは、こうした病気を進行させてしまいかねないので、摂取を控えておいた方が賢明です。

このように、プエラリアの摂取に当たっては、いろいろと注意すべきことがあるのです。 バストアップも大切ですが、健康の方がもっと大切なのですよ。