プエラリアの基礎知識 プエラリアと女性ホルモンの関係

プエラリアのバストアップ効果には、女性ホルモンが関係しているとされています。 では、プエラリアと女性ホルモンには、どのような関係があるのでしょうか。

バストを成長させる女性ホルモン

まず知っておいてほしいのは、バストを成長させるのは女性ホルモンの働きだということです。 女性ホルモンは大きく分けると卵胞ホルモンと黄体ホルモンの2種類がありますが、どちらもバストアップ効果を持っています。

女性は10代になるとバストが次第に発達していきますが、これは卵巣の成熟に伴って卵胞ホルモンの分泌量が増加し、バストを成長させてくれるからです。 それ以前は、バストを成長させるほどの卵胞ホルモンが分泌されていないということです。

また、妊娠中はバストが大きくなります。これは黄体ホルモンの分泌量が多くなり、これによってバストが成長するためです。 出産後は黄体ホルモンの分泌量が減少し、元の木阿弥になってしまうのです。

プエラリアは卵胞ホルモンに似た効果がある

プエラリアには、この卵胞ホルモンに似た働きをする物質が含まれています。厳密に言えば、卵胞ホルモンと似た分子構造を持つ物質です。

ホルモンは体内の受容体と結合することで、効果を発揮する仕組みになっています。プエラリアに含まれる成分は卵胞ホルモンと分子構造が似ているので、卵胞ホルモン受容体と結合しやすいのです。 これによって、卵胞ホルモンに似た働きをすることができるのです。

つまり、プエラリアを摂取することで、体内の卵胞ホルモンを増やすのと近い状態になるのです。 卵胞ホルモンが増えればバストの成長が促され、バストアップにつながってくれるというわけです。

ただ、女性には卵胞ホルモンの働きが強い時期と、黄体ホルモンの働きが強い時期があります。 プエラリアの場合、卵胞ホルモンが強い時期なら問題ないのですが、黄体ホルモンが強い時期だとホルモンバランスを崩して体調に悪影響が出る可能性があるので、摂取する時期に注意が必要になってきます。